スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミ!【第14回】機法二種深信とは

第14回がアップされました。
 ↓↓↓
【第14回】機法二種深信とは
http://shinjin.info/2008/10/061647152.html

「信相の一念」とは、弥陀の本願に全く疑心がなくなったことである。それは、二つのことがハッキリすることだ。
 真実の自己の「実機」と、弥陀の本願の「真法」とである。
 真実の自己の「実機」をハッキリ知らされたのを「機の深信」といい、弥陀の本願の「真法」をハッキリ知らされたのを「法の深信」という。
 真実の信楽には、この二つの「深信」が同時にあるから「二種一具の深信」と言われることを先回明らかにした。

 そこで先ず、「機の深信」でハッキリ知らされる真実の自己とは、どんな者か。善導大師は、こう仰っている。
『一には決定して、「自身は、現にこれ罪悪生死の凡夫、昿劫より已来常に没し常に流転して、出離の縁有る事無し」と、深信す』  いままでも、いまも、いまからも、救われることの絶対にない極悪最下の私であった、とハッキリ知らされた、と仰っているお言葉である。  

親鸞聖人のお言葉も、二、三あげておこう。
『悲しきかな、愚禿鸞、愛欲の広海に沈没し、名利の大山に迷惑して、定聚の数に入ることを喜ばず、真証の証に近くことを快まず。恥ずべし傷むべし』  (教行信証信巻)

「ああ、情けない親鸞だなぁ。果てしない愛欲の広海に溺れ、大きな山のような名誉欲と利益欲とに阻まれて、極楽浄土へ往ける身(定聚の数)になったことを喜ぶ心もなければ、一夜明ければ一夜だけ、弥陀の浄土に近づいているのに、それも愉しむ心のない親鸞。
どこどこまでも痺れきった、絶対助からぬ奴である。恥ずかしいことよ、悲しいことだ」

『一切の群生海、無始より已来、乃至今日・今時に至るまで、穢悪汚染にして清浄の心無く、虚仮諂偽にして真実の心無し』
(教行信証)
「すべての人は、始めなき昔から今日まで、全心が邪悪に汚染されていて、清浄の心は全くなく、そらごと、たわごとばかりで、真実の心は微塵もない」

また『唯信鈔文意』には、
『しかれば善人にもあらず、賢人にもあらず、精進の心もなし。懈怠の心のみにして内は空しくいつわりへつらう心のみ常にして、まことなる心なき身と知るべし』

「このような親鸞だから、善人でもなければ賢人でもない。怠け心一杯で立派な人になろうと努める心もない。心は空虚で常に他人の評価ばかりを気にしている、ウソ偽りの名人である。まことの心のない永久に救われぬ身であることだけが知らされる」

あの『歎異抄』では、こう仰っている。
『いずれの行も及び難き身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし』
『さるべき業縁の催せば、如何なる振る舞いもすべし』
いずれも地獄は必定、永久に助かる縁なき身の表白である。

醜い欲が露わに見えたり、怒りが爆発して恐ろしい心が出たりすると、悪い所へ行くのではないだろうかと不安になる。
妬み、そねみ、うらみ、憎むイヤな心がウロウロすると、こんなことでは助からんのではなかろうかと心配になる。
ある時は極楽へ往けるようにも思えるのだが、ある時は地獄へ堕ちるのではなかろうかと不安になる。こんな若存若亡の信心は、絶対助からぬ自己と知る「機の深信」が抜けているのである。

聞名の一念に仏智満入し、「地獄往き間違いなし」の「機の深信」が徹底していれば、堕ちて当然、助かりゃ不思議と喜べるのだが、このような若存若亡の信心は「二種深信」でも、二心無き「信相の一念」でも、「清浄報土の真因」でもないのである。


だから何?(苦笑)

共に明らかにせんとしたのは唯一つ、偏に、弥陀の本願の「若不生者不取正覚」の正意であり、親鸞聖人の真の教えに外ならない。

 ↑
御自分で言ったことを、忘れちゃ困りますよ(苦笑)。
議論の目的を完全に見失っているんですかね(苦笑)。

今後も得意の論点拡散・スライド工作ならびに、
ブレンド工法によるインチキドグマの混入隠蔽工作を、
呆れるぐらい果てしなく継続するんだと思いますが、

インチキ法論まるだしがバレバレです(苦笑)。


どれだけ関係のない書き込みをしても、
最終的に自説の論証ができないのであれば、
資源とエネルギーの無駄ですから、
こんな茶番はやめにしたらどうです?(苦笑)。




おまけコーナー 苦笑の宿題チェ~ック!!

今日は宿題は忘れずやってこれたかな~?
チェックいくよ~ん!!

1,「信楽にさせる」「名号を与える」ことを誓った、本願文の根拠を出さ(せ)ないにも関わらず、そのことを前提に議論を進めていること。しかも関係ないことをぐちゃぐちゃ書くことによってそのことを誤魔化そうとしている。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!


2,「信楽の者→正定聚」と「信楽=正定聚」は違うものであるのに、そのことを理解できてないまま議論を進めている。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!


3,名号と光明が合わさってはじめて信心がえられるのに、名号だけでOKみたいに印象操作していること。しかも、ドグマに併せて覚如上人の『執持抄』の超重要な箇所を、ヘンテコな形で切り取って引用し資料を捏造している。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!

4,衆生が「聞きて疑心あることなし」になれなかったら、「本願力回向の信心」を獲得することができないから、極楽浄土に往生することは確定しないことが『教行信証』で明らかにされている。それにも関わらず、「聞きて疑心あることなし」になって「本願力回向の信心」を獲得することまで阿弥陀仏が本願文で誓ったことにして、全ての人が無条件で極楽浄土に往生することが確定してしまっているために、見事な「十劫安心」に陥っている。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!

5,ヘンテコドグマの矛盾を誤魔化すために、「正覚を取らじ」を「命を捨てる」と解釈。結果、サンスクリット文、漢文、親鸞聖人の解釈、いずれとも異なる新たなヘンテコドグマを捏造しまき散らすことになっている。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!

※「後出しジャンケン」で指摘されてから(ゴマカシながら)訂正した部分は除く。


このように「イタイ」発言を繰り返すと、
更に醜態を晒すことになりますよ(苦笑)。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。