スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミ!【第13回】一念は真実信心の信相

第13回がアップされました。
 ↓↓↓
【第13回】一念は真実信心の信相
http://shinjin.info/2008/10/021600151.html

先回に続いて「時尅の一念」について、覚如上人や蓮如上人のお言葉を少し挙げておこう。 
覚如上人は『改邪鈔』に「時尅の一念」を、こうも教えていられる。
「凡夫往生の得否は、乃至一念発起の時分なり。・・・乃至・・・然れば祖師聖人御相承弘通の一流の肝要これにあり。これを知らざるをもって他門とし、これを知れるをもって御門弟のしるしとす」
『執持抄』には、
「平生の一念によりて、往生の得否は定まるものなり。平生のとき不定の念に住せばかなうべからず」

蓮如上人は『御文章』に、
「一念をもって往生治定の時尅とさだめて、その時の命のぶれば自然と多念に及ぶ道理なり」
「もろもろの聖教をよみ、物を知りたりというとも、一念の信心の謂を知らざる人は徒事なりと知るべし」
「一念に弥陀をたのみ申す我ら衆生に廻向しまします故に過去、未来、現在の三世の業障一時に罪消えて・・・」
「この一念の信心定まらん輩は、十人は十人ながら百人は百人ながら、みな浄土に往生すべきこと更に疑なし」
『御一代記聞書』には、
「聖人の御流は、たのむ一念のところ肝要なり」と、ズバリ仰っている。

以上で分かるように、これら善知識方はみな、この「一念」こそが自力と他力の分岐点であり、地獄と極楽の別れ目であり、弥陀の本願の極意であり、釈迦出世の本懐であり、宗の淵源であり、凡夫往生の枢要であり、如何に浄土真宗の肝腑であるかを力説されているかが知られよう。         

次に聖人は、「信相の一念」についてこう教えられている。
「一念と言うは、信心二心無きが故に一念と曰う、是を一心と名づく、一心は則ち清浄報土の真因なり」 (教行信証)
この意味は、「信相の一念」とは「二心無きこと」とも「一心」とも言い、「清浄報土の真因」である、と聖人は云われている。
即ち「信相の一念」とは「二心」のなくなったことだ、と教えていられるのである。
では、「二心」とは何か。

弥陀の本願に対する「二心」であり「本願の疑惑心」のことである。故に「信相の一念」とは、弥陀の本願にツユチリほどの疑心も無くなったことを云う。
弥陀の本願に疑心がなくなれば、弥陀が救わんとなされた者(真実の自己)とはどんな者か、ということと、そんな者を必ず救うと誓われた弥陀の本願真実が、ハッキリと知らされる。

ハッキリ知らされたことを「深信」といわれるから、弥陀の本願に全く疑心がなくなれば、「真実の自己」と「弥陀の本願真実」の二つが同時にハッキリ知らされるのである。これを「二種深信」といわれる。
これでお分かりのように、「信相の一念」とは「二種深信」のことである。
仏法では自己のことを「機」といい、真実の自己を「実機」という。弥陀の本願は真実の「法」だから「真法」とも言う。
「二種深信」とは「真実の自己」の「実機」と、「弥陀の本願」の「真法」がハッキリしたことだから、「機法二種深信」とも言われる。然もこれが、同時にあるから「機法二種一具の深信」とも言われるのである。

以上で明らかなように「信相の一念」とは、弥陀の本願に全く疑心がなくなったことであり、「真実の自己」の「実機」と、「弥陀の本願」の「真法」とが同時にハッキリする「二種一具の深信」のことであると、聖人は仰っているのである。


だから何?(苦笑)

一昨日、牽制攻撃をしておいたせいか、
今回も「だから何?」と言いたくなるような、
議論の本質に迫ら(れ)ない、
時間稼ぎのような内容でしたね(苦笑)。


共に明らかにせんとしたのは唯一つ、偏に、弥陀の本願の「若不生者不取正覚」の正意であり、親鸞聖人の真の教えに外ならない。

http://shinjin.info/2008/08/010830131.html

これは誰の台詞でしたかね?(苦笑)

まあこれは、得意の論点拡散・スライド工作であり、
ブレンド工法によるインチキドグマの偽装工作ですから、
インチキ法論の定石通りです(苦笑)。


ただこれは、見抜かれてない場合は有効だけど、
見抜かれてバレバレな場合は、
すっごい「イタイ」ですよ(苦笑)。





おまけコーナー 苦笑の宿題チェ~ック!!

前回のツッコミ並びに昨日の記事で、
チ●ーリップ企画(=親●会=高●先生)の間違いを、
具体的に箇条書きで指摘してあげたわけだけど、
その指摘に反論できたかどうかチェックしてあげるね。

1,「信楽にさせる」「名号を与える」ことを誓った、本願文の根拠を出さ(せ)ないにも関わらず、そのことを前提に議論を進めていること。しかも関係ないことをぐちゃぐちゃ書くことによってそのことを誤魔化そうとしていること。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!

2,「信楽の者→正定聚」と「信楽=正定聚」は違うものであるのに、そのことを理解できてないまま議論を進めていること。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!

3,名号と光明が合わさってはじめて信心がえられるのに、名号だけでOKみたいに印象操作していること。しかも、ドグマに併せて覚如上人の『執持抄』の超重要な箇所を、ヘンテコな形で切り取って引用し資料を捏造していること。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!

4,衆生が「聞きて疑心あることなし」になれなかったら、「本願力回向の信心」を獲得することができないから、極楽浄土に往生することは確定しないことが『教行信証』で明らかにされている。それにも関わらず、「聞きて疑心あることなし」になって「本願力回向の信心」を獲得することまで阿弥陀仏が本願文で誓ったことにして、全ての人が無条件で極楽浄土に往生することが確定してしまっているために、見事な「十劫安心」に陥っていること。

→ × 訂正も言い訳も反論もなし!残念!

※「後出しジャンケン」で指摘されてから(ゴマカシながら)訂正した部分は除く。



どんだけ論点スライドしても、この指摘に反論できない限り、
いつまでも「イタイ」状態が続くよ~(苦笑)。
これとっても重要な宿題なわけだから、
ちゃんと反論できたかどうか毎回チェックしてあげるね

スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。