スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A(23)親●会のコラージュ本尊をどう思うか?

Q。(真偽検証さんの質問)
ご存知のように、親鸞会の本尊は南無阿弥陀仏の左に「親鸞」と合成複写してあります。これは改邪鈔本の【七・本尊聖教に知識と号する者の名を記すまじき事】に反するように思います。しかし、親鸞会では
・改邪鈔のお言葉は悪知識について言われたもの(つまり親鸞会には当たらないというのでしょう)
・親鸞聖人ご真筆の名号ということで「親鸞」と載せているだけ
だといいます。

そこで上の改邪鈔の意味と、この件に関する苦笑さんの見解を教えて頂ければと思います。既に示されている所がありましたらリンク先を教えて下さい。よろしくお願いします。


一 本尊ならびに聖教の外題のしたに、願主の名字をさしおきて、知識と号 するやからの名字をのせおく、しかるべからざる事。
 この条、おなじく前段の篇目にあひおなじきものか。大師聖人(親鸞)の御自筆をもつて諸人に書き与へわたしまします聖教をみたてまつるに、みな願主の名をあそばされたり。いまの新義のごとくならば、もつとも聖人の御名をのせらるべきか。しかるにその義なきうへは、これまた非義たるべし。これを案ずるに、知識の所存に同行あひそむかんとき、「わが名字をのせたれば」とて、せめかへさん料のはかりごとか。世間の財宝を沙汰するに似たり。もつとも停止すべし。
(『改邪鈔』)




A。
コラージュ本尊そのものより、
コラージュ本尊を作ろうとする心根が問題やと思いますな(苦笑)。


このようなコラージュ本尊を作ってしまう根底には、

「親●聖人のお名前をコラージュして付加価値を付ける」

ちゅう思考回路があって、

そういう考えでもって、本尊を見ているちゅうのが、
一番大きな問題やと思いますな(苦笑)。



阿弥陀仏がお作りになられた「南無阿弥陀仏」を、
受け取るか受け取らないかで、我々の後生が確定するっちゅうのが、
浄土真宗の御法義であり、

その「南無阿弥陀仏」に、
我々が常に親しみ近づくことができるように、
具体化されたものが「南無阿弥陀仏」の名号本尊なわけですわ。

せやから、そこに何かでもって付加価値を付けようとするような、
「南無阿弥陀仏」がわかってないくせに、金儲けに長けた、
インチキ宗教ビジネス野郎の発想に踊らされてはあきません。


※参考

やさしい浄土真宗の教え §9 南無阿弥陀仏(1) 本願招喚の勅命
やさしい浄土真宗の教え §10 南無阿弥陀仏(2) 勅命にしたがひて召しにかなふ


     《善導大師》        《親鸞聖人》    
     『観経疏』   『教行信証』      『尊号真像銘文』

     【願行具足】 【阿弥陀仏の立場】     【衆生の立場】 
南無 ──「帰命」  → 本願招喚の勅命  ── 勅命にしたがひて召しにかなふ  
   │ 
   └ 「発願回向」→ 発願して衆生の行を── 召しにしたがうて
             回施したまふの心    安楽浄土に生れんとねがう
 
阿弥陀仏─「即是其行」→  選択本願    ── 安養浄土(へ往生すること)の
                         正定の業因
スポンサーサイト

comment

Secre

回答して頂き、ありがとうございますm(__)m

苦笑さんの仰る通り、私達が南無阿弥陀仏を受け取るか受け取らないかが大事です。
親鸞会は、「親鸞聖人のお名前で付加価値をつけないと愚衆どもが有難がらないし、御法礼・御報謝にひびくからに他ありません」という意図が見えます。

また、阿弥陀仏の御心が全く分かっていないから、阿弥陀仏の尊い絵像・木像本尊をお風呂の度毎に焼いていたと、蓮如上人に無実の罪を着せるわけです。(K学友部長談)
蓮如上人の御一代記聞書の「あまた御流に背き候本尊以下、御風呂の度毎に焼かせられ候」は、阿弥陀仏以外の本尊を焼かれたということで、阿弥陀仏の絵像・木像を焼かれたということではないと思いますが如何でしょうか。


更に、【当流には「木像よりは絵像、絵像よりは名号」というなり(御一代記聞書)】というお言葉は比較であって、絵像木像がダメということではありません。
阿弥陀仏が名号を完成され、十劫以来お立ちずくめで、名号を与えて私と久遠の親子名乗りをあげようとされ続けている、それが絵像・木像のお姿で表されています。
その絵像・木像のお姿を通して私達が南無阿弥陀仏の六字のこころを知ることが大事ではないかと思います。

親鸞会では本尊は名号、朝晩おつとめをしている、毎週聴聞もしている。
しかし肝心の南無阿弥陀仏のこころを頂いて喜んでいる人が皆無と言っていいでしょう。
支部長からして阿弥陀仏のご恩を喜んでいないのですから。
これは形式ばかりにとらわれて、説法のメインが修善になってしまって、南無阿弥陀仏のいわれが正しく説かれないからと言わざるを得ません。

一体何を聞くのか。
「彼の仏の名号を聞くことを得て歓喜踊躍し(大無量寿経)」ですから、南無阿弥陀仏のいわれを聞くのです。
それを親鸞聖人は「仏の御名をきくひとはながく不退にかなう」と仰るのです。
会長は「仏の御名」とは仏教のことですと解説していましたが、仏教聞きに来たのだから仏教を聞くのは当たり前です。

会員には、会長の御心は説かれるが阿弥陀仏の御心が聞かれないことに疑問を持ち、自分が親鸞会に在籍する理由をよく考えてもらいたいと思います。

No title

>真偽検証さん
超ウルトラ出血大サービスで、本●寺大物の論文を無断転載しました。
親●会が手も足も出なくなる、強烈なヤツです。

私の解説より一億倍は値打ちあるでしょうね。

なお、清森さんと同じく私へのご質問もなるべくメールでください。
(特に意味はないですけどw)
プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。