スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対わからないものではありません、疑心有ることないのです←「二種深信の機の深信」と「罪悪観」とを混同してる人は、これを読んで勉強してね。(8)

「絶対に理解できない」とか、
「絶望への挑戦」とか言うから、
わけがわかんなくなるんだよ!!

わかってもいないくせに、
ショウモナイこと言ってんじゃね~よ!!
↓ ↓ ↓

安心問答 2009-07-07 絶対わからないものではありません、疑心有ることないのです より無断転載

機の深心とは『阿弥陀仏のお力によらなければ絶対に流転輪廻から抜け出せる自分でなかった』と知らされるというようなことを言われているんでしょうか?
もしそうなら二種の深心とは絶対矛盾するようなこころではないような気がします。二つの正反対のことが一念同時に知らされるとか、絶対に理解できないとか、絶望への挑戦とか大仰なことをいう人は間違っているということでしょうか?(S会会員さんのコメント)
http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20090706/1246861493#c1246893797
回答します。

コメントで書かれていることは、機の深信ではありません。

どちらかといわれれば、法の深信です。

機の深信とは、前回のエントリーにも書きましたが、

一には決定して、「自身は、現にこれ罪悪生死の凡夫、昿劫より已来常に没し常に流転して、出離の縁有る事無し」と、深信す。(機の深信)
という善導大師のお言葉です。書かれているように「昿劫より已来常に没し常に流転して、出離の縁有る事無し」と深信させられます。

遙か過去から現在まで、出離の縁有ることのない自分であると知らされるのです。

法の深信は、阿弥陀仏の本願に疑い晴れるのですから、阿弥陀仏の願力によって往生するに間違いないと知らされることを言います。

二には決定して、「彼の阿弥陀仏四十八願をもって衆生を摂受したまうこと、疑無く慮無く彼の願力に乗ずれば、定んで往生を得」と、深信す。(法の深信)
正確に言えば、阿弥陀仏が私たちを助けて下される本願を建てられたことと、その願力によって往生できることが知らされます。

「絶対に矛盾」かといわれれば、「疑心有ること無し」は共通しているので、何もことさら不思議に思うことはありません。

「矛盾」と感じるのも、一つの疑心の現れなので、矛盾するかしないかの判断は人間の知恵でしていることです。阿弥陀仏の智慧からいえば、何の矛盾もありません。

罪悪生死の凡夫であり、出離の縁あることのない私がいるからこそ、阿弥陀仏は本願を建てられました。

出離の縁あることのない、罪悪生死の凡夫のままで、そのまま救うという本願力乗ずれば、かならず浄土往生させていただけるのですから、私の計らいではありません。

二つの正反対のことが一念同時に知らされるとか、絶対に理解できないとか、絶望への挑戦(S会会員さんのコメント)
このようにことさら強調するのは、阿弥陀仏の智慧を「人間の知恵では計れないもの」と計っているように聞こえます。

言葉そのもの、一つ一つは確かにその通りです。親鸞聖人が「不可称不可説不可思議」と言われているのですから。

しかし、「絶対理解できない」が、どうも「絶対に救われる事はない」、「滅多に救われることは無い」とことさらいっているように思えます。聞いている人が「自分は今生では助からないのではないか」、「助かる人はあっても、よほどの人でないと無理だ」と、ただ今救う本願を、ただ今救う本願と思えなくなるのではないでしょうか。

「(君たちには)絶対にわからない」というのは、「自分だけはわかっている」と相手に思わせる言い方です。

阿弥陀仏の作られた本願、名号を、ことさら自分の専有物のように思わせるのは歎異抄6章に書かれているところと同様のものと思います。

如来よりたまわりたる信心を、わがものがおに、とりかえさんと申すにや。かえすがえすも あるべからざることなり。(歎異抄6章)
如来よりたまわる信心なのですから、聞いた相手に「わがもの」と思わせることは、あってはならないことなのです。

スポンサーサイト

comment

Secre

そりゃ救われた本人の中では矛盾はないだろうけど
客観的に眺めれば矛盾があるように見えるわな

これは、あくまで求道の話ではなく、学問としての話になるんだろうけどさ
仏性論が争うのも要はここでしょ

No title

>名無しさん
このような微妙な問題を、某一地方零細布教師に基づきドグマ化して、
「これのみが真実信心!」と公言してきたことを、
私は問題にしております。

それでもって、まともに教えを説いてきた方から、
会員さんのご縁を遠ざけてきたことは、とても大きな問題でありませんか?


>これは、あくまで求道の話ではなく、学問としての話になるんだろうけどさ

このようなことを勝手に決めつけないでください。
以後、私のブログのコメント覽でこのような発言をする場合は、
きちんと根拠に基づいて発言してください。


>仏性論が争うのも要はここでしょ

何を仰っているのかわかりません。
もう少し、わかるようにコメントしてくださいませんか?

すまんね
言葉が拙いもので。

客観的に学問として見るならば
『救われないものが救われる』というのは矛盾していると言ってるだけです。
救われたということは救われる原因があったから
救われたわけで阿弥陀仏が名号さえ作れば救われるだけの実力が我々にあったということでしょ?

つまり我々は仏になる可能性、仏性を持っていたということ
しかし、これは機の深信と矛盾する。

深信はあくまで本人の中では常に念念救われないものが救われたという大悲の活動として現に交互に現れ現れする現象だと思うけど
これを理論化することは不可能だと思うよ

でもこういう神学的な問題は学問的なことであっても
救われるかいなかに真剣に迷っている人たちが聞いて考えさせなきゃいけない問題ではない
返って絶望に挑戦するとか言葉だけが先行して雑学に耽ってしまうのではないかと思う

そういうこと

No title

>名無しさん
そうですか。

仏性?

真宗で仏性を語るのは弥陀の果徳の上で語るので、本具の仏性を論じているんじゃないのでしょ。

何かいちゃもんの為のいちゃもんをつけてるみたいで、親鸞会の人みたいですね。

No title

>林遊さん
名無しさんが親●会関係者かどうか、私にはわかりませんが、
このブログの目的は、親●会を様々な角度から批判することですので、
それに関係しない(と私が判断した)コメントは、謹んでシカトさせて頂くつもりです。
プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。