スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かくて判明した(親鸞聖人の教えと親●会ドグマの)根本的相異点(後半)

CMではなくて、臨時でインチキ暴きが入りましたが、
気を取り直して、それでは後半行ってみよう!!

親鸞会教義の相対化・42

【下巻p.149~】他力

>>>
「他力」というと、「他人のふんどしで相撲をとる」ことのように考え、力のない人間が力のある人間に助けを求める依存心だと思っている人が多い。新聞なども堂々と「他力本願ではいけない。自力更生でなければならぬ」と書きたてている。
では、他力とは一体どんな意味なのか。親鸞聖人が『教行信証』に明示されているように、阿弥陀仏の本願力のみを他力というのである。他力の語源は仏教なのだから、仏教の意味にしたがわなければならない。他力の他は阿弥陀仏のことに限るのである。
>>>

ここまでの解説は素晴らしいと思います。全くその通りです。

>>>
では阿弥陀仏の本願力とは、どんなお力なのか。親鸞聖人は『和讚』に、「無明長夜の闇を破し、衆生の志願を滿てたまう」力であると鮮明に教えられている。
阿弥陀仏の本願力とは、我我の暗い心(苦悩のたえない心)を打ち破って日本晴れの大安心にするお力であり、衆生の一切の志願を滿たして大満足心で生きぬけるようにしてくださるお力である。
>>>

ただし、この部分には賛成できません。

無礙光如来の名号とかの光明智相とは
無明長夜の闇を破し衆生の志願をみてたまふ
『高祖和讚』曇鸞讚

とあるように、「無明長夜の闇を破し衆生の志願をみてたまふ」
働きがあるのは、「無礙光如来の名号」と「かの光明智相」です。

『高祖和讚』から引用するのであれば、むしろ、

本願力にあひぬればむなしくすぐるひとぞなき
功徳の宝海みちみちて煩悩の濁水へだてなし
『高祖和讚』天親讚

天親論主は一心に無礙光に帰命す
本願力に乘ずれば報土にいたるとのべたまう
『高祖和讚』天親讚

煩惱具足と信知して本願力に乗ずれば
すなわち穢身すてはてて法性常楽証せしむ
『高祖和讚』善導讚

などを引用すべきだと思います。「本願力」と書かれているのですから当然ですね。


その阿弥陀仏の本願力によって、阿弥陀仏の名を聞いて極楽に往生しようと欲すれば、皆ことごとく彼の国に至って、自然と不退転に至る。
(『無量寿経』巻下東方偈)

と釈尊が述べ、

我が力にて生死を離れ亊励み難くして、偏に他力の弥陀の本願を憑(たの)むなり。
『要義問答』(昭法全六一九頁)

(訳)
自分の力で輪廻を離れようとすることが難しいから、ひとえに他力である阿弥陀仏の本願を頼りにするのである。

と法然上人が述べておられるように、阿弥陀仏の本願を信じるものを極楽浄土に往生させ、輪廻を離れさせるのが、「他力」(=阿弥陀仏の本願力)の「仏教の意味」です。

>>>
もし、名号を与えようとする働きが名号自体に込められていて、
そのことが本願文に誓われているのなら、
本願が成就した時点、すなわち名号が完成した時点(十劫の昔)で、
十方衆生にその名号が与えられ、十方衆生は信楽を獲て、
十方衆生はとっくの昔に浄土往生を遂げているはずです。
つまり、山田氏の主張は十劫安心そのものになるんですよ。
「名号という薬が完成したこととその薬を飲んだこととは違う」
という説明で親鸞会は十劫安心を破邪していますが、
もし「薬を飲ませること」まで本願に誓われているのなら、
本願が成就した時点で十方衆生は救われているはずなのですから、
十劫安心を肯定することになるんですよ。
これは重大な誤りです!
>>>

 これはチューリップ企画と田中さんの法論を掲載したブログで、親鸞会員と思われる方と場外乱闘をしていたCさんが仰った言葉ですが、非常に的を得ていると思います。
 本書の「他力」の解釈は、チューリップ企画の山田さんと同じ誤りを犯しています。



「他力」の解釈が狂って「十劫安心を肯定」
はヤバイっしょ(苦笑)。

ついでなので、Cさんの活躍する場外乱闘をダイジェストで挙げておきますよん。

> 阿弥陀仏は十八願において
>「すべての人を、信楽の心に生まれさせる。」
> と誓われ、

これこそが、証明すべき命題なのに、これを前提に話を進めているのは循環論法です。

> ところが田中氏は、故意か見落としなのか「真実の信心をえ
> たひとは」などのお言葉を抜かして、「当益の意味だ」とい
> う思い込みで自分に都合よく解釈するから、

田中氏は一貫して「信楽を獲た人を浄土に生まれさせる」という意味に解釈していますよ。あなたが勝手に田中氏の主張を歪曲しているだけです。
論点は、「信楽を獲た人を浄土に生まれさせる」ということから、「全ての人を信楽に生まれさせる」という意味が導けるかどうかです。

名号を薬に喩えるなら、本願文は効能書きです。
効能書きには「この薬を飲んだ人は浄土に生まれる」と書かれています。あなたの主張は「薬を飲ませようとする働き」も効能書きに書かれているというものです。「薬を飲ませようとする働き」がその薬自体にあるわけないじゃないですか。その薬を作った医者である阿弥陀仏が私達にその薬を飲ませようとしておられるというのはその通りです。

名号を船に喩えるなら、本願文は設計図です。
設計図には「この船は乗組員を浄土へ連れて行く船だ」と書かれています。あなたの主張は「船に乗せようとようとする働き」も設計図に書かれているというものです。「船に乗せようとする働き」がその船自体にあるわけないじゃないですか。その船の船長である阿弥陀仏が私達をその船に乗せようとしておられるというのはその通りです。

田中氏はあくまで本願文(第18願文)に書かれている内容だけを問題にしているのです。阿弥陀仏の御心は第18願文だけで全て言い尽くされているわけではありません。だからこそ、本願が成就した後、釈尊が、名号を与えてくださるのも阿弥陀仏のお力であり、名号を受け取った一念で浄土往生が確定するということを、本願成就文で教えてくださったのです。

何だかんだいっても、書かれていない内容は書かれていないのです。本願文に書かれていない阿弥陀仏の御心が成就文で分かるのは事実ですが、だからといって、それが本願文に書かれていることにはなりません。書かれているのなら釈尊が成就文を説かれる必要はなかったのです。



> 本願に書かれているのに、私たちが読んでも分からない点を、
> 成就文で教えられているのです。

たぶんそう言うと思ってましたよ。
では聞きますが、漢文であるという点は同じなのに、
なぜ成就文ならば私たちが読んで分かるのですか?
私たちに分かりやすく説く能力が、阿弥陀仏よりも釈尊のほうが
優れているとでも言うのですか?

まあ、あなたは「表面的には書かれていないが、本質的には書かれている」と言いたいんでしょうね。そう言う前提でも、私の出した「薬」や「船」の喩えは有効ですから、それについてのあなたの見解を聞かせてください。特に、十劫安心になるという私の指摘にあなたがどう反論するのか楽しみです。

もし本願文が「書かれているのに、私たちが読んでも分からない」
ようなお言葉であるならば、なおさら、
「初めから成就文を出していれば良かったのに」
ということになり、T社の誤りが浮き彫りになるだけです。

もっと言えば、阿弥陀仏ご自身が初めから成就文のような
「私たちが読んで分かる」表現で本願を建立されれば良かったというような、
阿弥陀仏の言語表現にケチをつけるような発想につながりますよ。
とんでもないことです。
本願の内容は、あの36文字で書かれている以上でも以下でもないのです。

とにかく、親鸞聖人が本願文を
「全ての人を信楽に生ませさせ、そして浄土に生まれさせる」
という意味に解釈されたお言葉を出してください。

「表面的には書かれていないが、本質的には書かれている」内容が、あなたに分かるのなら、
親鸞聖人ならなおさら分かられたはずで、当然それを書き残されたはずですよね?

それとも、親鸞聖人でさえも分かられなかったことが、あなたには分かるのですか?
仮にそうだとしても、それを言ったら「親鸞学徒」ではありませんよ。

・・・

訂正:「生ませさせ」→「生まれさせ」

あと、法論で形勢が不利になると「文底秘沈」みたいなことを言い出すのって、よくある逃げ口上ですね。




ちなみに、「Cさんへさん」と「二歩訂さん」がヘンテコな反論をしてきましたが、
Cさんが登場する前に、速攻でオミットされてしまいました(笑)。

Cさんへ

>私たちに分かりやすく説く能力が、
>阿弥陀仏よりも釈尊のほうが
>優れているとでも言うのですか?

 いいえ。お釈迦様は阿弥陀仏のお弟子ですから、先生である弥陀の御心を伝えるのが使命なのです。その使命を果たされたのが成就文です。

>十劫安心になるという私の指摘にあなたが
>どう反論するのか楽しみです

「若不生者」と、必ず生まれさせると誓われているから、必ず信楽に生まれる時が来るのです。何か問題がありますか?
 なぜあなたのように、すべての人が、十劫の昔から、信楽に生まれたことになるのですか?

投稿 Cさんへ | 2008年6月 2日 (月) 23時33分



>>「若不生者」と、必ず生まれさせると誓われているから、
>>必ず信楽に生まれる時が来るのです。何か問題がありますか?

だから、その命題が真かどうかが議論になっているわけでしょ。
頭大丈夫?

信楽をえた人を必ず極楽に往生させると誓われているから
といって、その本願文だけでは、
「必ず信楽に生まれさせる」という命題をどうやって導き
出せるのですか?
あなたの根本的な間違いは、
結論ありきで物事を語るところですよ。
ちび丸さん!

投稿 え? | 2008年6月 2日 (月) 23時52分

>お釈迦様は阿弥陀仏のお弟子ですから、先生である弥陀の御心を伝えるのが使命なのです。その使命を果たされたのが成就文です。
 ↑
だから、本願成就文を根拠にしなかったチ●ーリップ企画のエラーは深刻ですよね(苦笑)。


>>「若不生者」と、必ず生まれさせると誓われているから、必ず信楽に生まれる時が来るのです。何か問題がありますか?
 ↑
こういうのを「思想先行」と言います。
貴方が注入された結論に都合の良い資料解釈をしているにすぎません(笑)。

清●問答に浄土宗の学者氏が書いてますよん(苦笑)。

http://kiyomorimondo.blog70.fc2.com/blog-entry-129.html

投稿 苦笑(本物) | 2008年6月 3日 (火) 00時02分

Cさん
(RE:2008年6月 2日 (月) 13時53分)
(RE:2008年6月 2日 (月) 21時13分)


>> 阿弥陀仏は十八願において
>>「すべての人を、信楽の心に生まれさせる。」
>>と誓われ、

>これこそが、証明すべき命題なのに、これを前提に話を進
>めているのは循環論法です。

十八願文に「設我得仏 十方衆生 至心信楽欲生我国」
と仰っている通り、特に証明するまでもないことです。これ
については、ちゃんと田中氏も認めていますよ。
(2007 12/4(火) 参照)


>田中氏は一貫して「信楽を獲た人を浄土に生まれさせる」
>という意味に解釈していますよ。

>論点は、「信楽を獲た人を浄土に生まれさせる」というこ
>とから、「全ての人を信楽に生まれさせる」という意味が
>導けるかどうかです。

田中氏と貴方たち支持派の根本的誤謬は、

 ●本願と本願成就文の関係を正しく理解していない。
  (他にも指摘されている方がありましたが。)

 ●「信楽を獲た」という言葉は使っていても、その意味を
  頭だけでも正しく分かっていない。

だから、
>>親鸞聖人は「若不生者不取正覚」を当益として、
解釈されているとしか思えないのです。

上記のことを正しく理解すれば、
>とにかく、親鸞聖人が本願文を
>「全ての人を信楽に生ませさせ、そして浄土に生まれさせ
>る」
>という意味に解釈されたお言葉を出してください。
などという質問は、出てきようがありません。もっとも、そ
れしか追求点がないから、執拗に追求し続けているのでしょ
うが。

それにしても、『「全ての人を信楽に生まれさせる」という
意味が導けるかどうか』とは、不可解なことを仰いますね。
弥陀の本願は「誰のために・何のために」建てられた誓願な
のですか?それを分かっていないことの証左です。


ここでは『三経往生文類』のお言葉を挙げておきます。

「大経往生といふは、如来選択の本願、不可思議の願海、こ
れを他力と申すなり。これすなはち念仏往生の願因によりて、
必至滅度の願果をうるなり。現生に正定聚の位に住して、か
ならず真実報土に至る。これは阿弥陀如来の往相回向の真因
なるがゆゑに、無上涅槃のさとりをひらく。これを『大経』
の宗致とす。このゆゑに大経往生と申す、また難思議往生と
申すなり。」

「真実の信楽をえたる人は、すなはち正定聚の位に住せしめ
んと誓ひたまへるなり。」

親鸞聖人は、十八願の往生を「大経往生」とも呼ばれ、
「念仏往生の願因によりて、必至滅度の願果をうるなり。」
と、大経往生とは「念仏往生の願因」によって、「必至滅度
の願果」をうることであると仰っています。因果の道理は大
宇宙の真理、原因があってこそ結果が生ずるのです。

「現生に正定聚の位に住し」「真実の信楽をえたる人は、す
なはち正定聚の位に住せしめん」
これが「念仏往生の願因」であり、「現生での往生」です。
念仏往生の願は、十方衆生を相手に建てられた誓願であるこ
とは、言うまでもありません。

その「念仏往生の願因」があってこそ、
「かならず真実報土に至る」「無上涅槃のさとりをひらく」
という証果を得るのです。これが「必至滅度の願果」であり
「来生での往生」です。

つまり、親鸞聖人は「大経往生」には、
  「念仏往生の願因」(現生での往生)
  「必至滅度の願果」(来生での往生)
という、二つの往生があることを顕かにされているのです。
また田中氏も、往生に二つの意味があることを、前述の
「2007 12/4(火) 」の記事で自ら述べています。
(「若不生者」の「生」は、「往生」の意味であることも、
論をまたないことです。)

それを知っているにも拘らず、このお言葉だけでなく田中氏
が自説の根拠としている『尊号真像銘文』や『唯信鈔文意』
のご文にしても、二つの往生について述べられているのです
が、「若不生者不取正覚は、当益の意味だ!」と思い込んで
いるから、理解できないのでしょう。
投稿 二歩訂 | 2008年6月18日 (水) 02時53分

おう!久々ですね~!

さっそくロジックの矛盾を指摘しましょうかね。


>>>>>>
>> 阿弥陀仏は十八願において
>>「すべての人を、信楽の心に生まれさせる。」
>>と誓われ、

>これこそが、証明すべき命題なのに、これを前提に話を進
>めているのは循環論法です。

十八願文に「設我得仏 十方衆生 至心信楽欲生我国」
と仰っている通り、特に証明するまでもないことです。これ
については、ちゃんと田中氏も認めていますよ。
(2007 12/4(火) 参照)
>>>>>>

田中さんはT社の主張がおかしいことを指摘しただけですがな(苦笑)。

★★田中さんの2007 12/4(火) の主張★★
「生るべからざるものを、生れさせたればこそ」の「生まれる」の意味が分かられないというご質問ですが、このご質問を読ませて頂いて、貴社の間違いの原因が判明した気が致します。

 貴社の一番の問題は、浄土真宗で「生まれる」といっても二通りの意味があることを理解しておらず、混同しておられることです。ここで「生」と「往生」は、ほぼ同じ意味と受け取って頂いて結構です。

 一つ目の「生」は、ビデオの内容で言えば「不体失往生」であり、生きている時に「信楽をえる」ことを「生」と言います。十八願では、「至心信楽欲生我国」に当たります。

 二つ目の「生」は、死んで真実報土に生まれることを言います。十八願では、「若不生者」に当たります。
 同じ「生」の字を使っていても、意味は全く違います。

 お尋ねの「生れさせたればこそ」の「生」は、「信楽をえる」ことであり、「不体失往生」のことですから、「若不生者」の「生」とは異なります。

 貴社では、これを「若不生者」の「生」と混同してしまわれたのではないでしょうか?

 「生まれる」の二通りの意味を知らねば、「若不生者」の「生」なのか、「不体失往生」の「生」なのか、間違えてしまいます。

 おそらく、「生まれる」という言葉にとらわれて、「生」と書いてあるものは、すべて「若不生者」の「生」と同じなのだと勘違いしてしまわれたのでしょう。それで、「若不生者」を、「不体失往生」の根拠として挙げてしまうという間違いを犯してしまわれたのだと拝察致します。
★★田中さんの2007 12/4(火) の主張★
投稿 苦笑(久ぶり!) | 2008年6月18日 (水) 11時16分

そういえば清●問答で、親●会で使われる「往生」の定義がおかしいことが指摘されていましたね~。

客観的な「資料」よりも高●先生の「味わい」を優先するから、
どんどん怪しいドグマができてきちゃうんですよ(苦笑)。

>>>
【上巻p.91~】往生について

(中略)

親鸞会教義の相対化・39
>>>

投稿 苦笑(久しぶり!) | 2008年6月18日 (水) 11時23分

【親●会おける、善知識の教えの位置づけ】


たてまえ)
釈尊=善導大師=法然上人=親鸞聖人=蓮如上人=高●先生

ほんね)
釈尊<善導大師<法然上人<親鸞聖人<蓮如上人<高●先生


たてまえでは釈尊や法然上人や親鸞聖人を権威付けに利用しながら、
ほんねでは、高●先生の言葉が一番大事なんでしょうがね(苦笑)。

別にそれでもかまわないけど、
高●先生のドグマを法然上人や親鸞聖人の責任にしないでほしいですね(苦笑)。

投稿 苦笑(久しぶり!) | 2008年6月18日 (水) 11時28分




さて、これを読まれたチ●ーリップ企画はどう出るでしょうかね~。
やっぱ得意の「無視」ですかね(苦笑)。


繰り返しますが、以下が(親鸞聖人の教えと親●会ドグマの)根本的相異点でっせ。

*不体失往生の根拠として「若不生者」を出したことがそもそも口伝抄の記述と異なる。
*親鸞聖人自身、「若不生者」を明確に当益で解釈されたのに、当益で解釈するのを「誤りだ」と親鸞聖人自身に言わせているのは矛盾している。
*百歩譲って、仮に「若不生者」に現益・当益の両方の意味があるとしても、その場合、体失往生か不体失往生かの決着を付ける言葉としては用をなさないので、やはり不適切。

「他力」の解釈が狂って「十劫安心を肯定」。

捏造した見解の基づいて論点をスライドしてもらっちゃ困りますね~(苦笑)。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。