スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A(15)なぜ親●会は『法蔵館』の『浄土真宗聖典』を使うのか?

更に質問を頂いたので、解答しました~。
 ↓ ↓ ↓

Q。
有難うございます。

質問した者です。丁寧な解説有難うございました。苦笑いさんのお墨付きを頂けたので、さらに自信がつきました。ちなみに、まだ読まれてない方は『本願寺出版社』の『浄土真宗聖典‐注釈版 第二版‐』は、ジュンク堂やブックファースト等の大型書店で売ってあるので、立ち読みでもいいので『法蔵館』の『真宗聖典』と読み比べてみて下さい。読みやすさ、分かりやすさがハッキリすると思います。苦笑いさん、もう一つ質問よろしいでしょうか?親鸞会が『法蔵館』のにこだわるのは、メンツもあると思いますが、『本願寺出版社』のは読みやすいので、自分で勉強してしまって、自分の頭で思考する、または教義の矛盾を知られるのが恐ろしいのではないでしょうか?苦笑いさんはどう思われますか?


A。
いや~。
私の「お墨付き」なんて、何の権威もありませんよ(笑)。

ご質問の件ですが、ご指摘の、

 ★読みやすく自分で勉強しやすいので、自分で思考し教義の矛盾がバレないように。

という要素も、ひょっとするとあるのかもしれませんが、

私はもっと単純に、

 ★高●先生が、使っているのが、法●館のだから。

という理由だけだと思いますよ(苦笑)。


そんでもって、

 ★高●先生が教学講議や法話で使う場所は、いつも決まっているから、
  改めて勉強する必要なし!
    ↓
 ★だから、もっと読みやすいものが出ても切り替える必要がないので、
  高●先生はず~っと法●館のを使い続ける。
    ↓
 ★高●先生にしたがって、親●会もず~っと法●館のを使い続ける。

ということになるんだと思います(苦笑)。

どうです?わかりやすいでしょ?(笑)
スポンサーサイト

comment

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>管理人のみ閲覧できますさん
私はそんな立派な人物ではありませんが、
親●会講師になったら、速攻で除名される自信はありますよ(笑)。

いずれにしても、浄土真宗の善知識方の言葉にあまり関心のない方から、
「浄土真宗の教え」を聞くのはあまり賢い方法じゃないと思いますね(苦笑)。

有難うございました。

質問した者です。お答え有難うございました。そんな単純な理由なんですか・・・。そうかもしれませんね。高森先生が龍谷大学に在学中は『法蔵館』の『真宗聖典』しかなかったのでしょうか?いずれにしろ、高森先生には仏教の基礎から勉強しなおして欲しいです。それから最近よく思うのですが、もし息子さんが龍谷大学に不合格にならずに、合格して真面目に勉強して、父親の誤りを正せるような人物になっていれば、『親鸞会』は存在意義がある団体になっていたのでは・・・と思います。今では解体するしかない状態の団体ですが・・・。残念です。お答え有難うございました。

確かに馬鹿息子が、馬鹿でなくて、浪人してでも龍谷大学に入学して、ちゃんと勉強していれば、毎回バイク事故で友達が死んだ話をするようには、なってなかったでしょうね。

No title

>元会員さん
あまりにもショウモナイ理由ですけど、
そんな程度なんじゃないかと思いますよ(苦笑)。

もしも、「二代目」が龍●大学でめちゃくちゃ勉強してて、
きっちりした教学で、会長先生の誤りをガンガン指摘するんだったら、
私のようなものが登場して暴れる必要もなかったでしょうね~(苦笑)。



>横からですがさん
いつも、そんな話ばっかしてるんですか!

元会員の人に「二代目」の話を聞きに行くのを誘われたことがあったんですが、
そんなんだったら、行かなくて本当によかったですね(苦笑)。

まあ、会長先生の話も聞きに行ったことないんですけどね(笑)。
プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。