スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A(14)『法蔵館』の『浄土真宗聖典』はどうよ?

元会員さんの質問にお答えしま~す。

Q。
質問お願いします。

聖教を読むについてですが、親鸞会では『法蔵館』の『浄土真宗聖典』を用いられていますが、私は断然『本願寺出版社』の『浄土真宗聖典‐注釈版 第二版‐』の方が読みやすくて優れていると思います。私は親鸞会をやめた後、読み比べて驚きました。苦笑いさんはどう思われますか?


A。
私も断然、本願寺出版社の『浄土真宗聖典‐注釈版 第二版』です。
というか、法蔵館のヤツを持ってません(笑)。

お勧めポイントは沢山ありますが、

1)最新の書籍で、テキストの校訂がしっかりしている。

2)詳細な注釈が備わっており、辞書をほとんど使わないで読むことができる。

3)祖師方が経典を引用している場合、しっかり典拠を調査しているので、
 本当は『般舟三昧経』に書いてないものを、「般舟三昧経には~」と喋って、
 赤っ恥をかく心配がなくなる。

 ※『涅槃経』なんて読んでるわけないじゃん(苦笑)。 参照

4)『浄土真宗聖典』オンライン検索に対応しているので、
 祖師方の言葉を簡単に検索できるので、速攻で用例を調べることができる。
 断章取義野郎も秒殺できちゃう。

 ※『浄土真宗聖典』オンライン検索 参照

これらの、素晴らしいメリットがあります。はい。



一方、法●館のヤツを使うメリットは、

あ)高●先生が使っているから、親●会員もほとんどの人が持っている。

い)元親●会講師の人は、使いなれた法●館のヤツを使って話をするので、
 その話を聞く時に便利である。

う)高●先生の御法話&教学講議で挙げられた言葉の部分に線が引いてあるから、
 持ってるだけで、なんか勉強しているような気になれる。

ということぐらいなのかなと思いますね(苦笑)。



私の所に話を聞きに来る方には、
元講師の方にでも元一般会員の方にでも、
使いなれた法●館のヤツではなく、
本願寺出版社のヤツを使うように激しくお勧めしております。

これは上記1)~4)の理由もあるんですが、
それ以上に、高●先生の御法話&教学講議で線を引いた部分しか読ま(め)ず、
無意識に資料を断章取義して、
バイアスのかかった思考をする「クセ」がついてますので、
まずは、それをやめて頂くことからスタートする必要があるんですよ。


あと、「お!」と思った箇所には、
付せんをペタペタ貼る勉強法をお勧めしております。

むやみやたらに線を引くと、
断章取義&バイアス思考の原因になっちゃいますので、
やめた方がええと思います。

「お!」と思った箇所も、前後もちゃんと読んで、
コンテキストを理解した上で理解せなあきませんからね。



やっぱし、親●会思考から完全に脱却するには、
親●会の手垢のついたテキストや、勉強方から脱却するのが、
すっごい近道やと思いますね~。
スポンサーサイト

comment

Secre

有難うございます。

質問した者です。丁寧な解説有難うございました。苦笑いさんのお墨付きを頂けたので、さらに自信がつきました。ちなみに、まだ読まれてない方は『本願寺出版社』の『浄土真宗聖典‐注釈版 第二版‐』は、ジュンク堂やブックファースト等の大型書店で売ってあるので、立ち読みでもいいので『法蔵館』の『真宗聖典』と読み比べてみて下さい。読みやすさ、分かりやすさがハッキリすると思います。苦笑いさん、もう一つ質問よろしいでしょうか?親鸞会が『法蔵館』のにこだわるのは、メンツもあると思いますが、『本願寺出版社』のは読みやすいので、自分で勉強してしまって、自分の頭で思考する、または教義の矛盾を知られるのが恐ろしいのではないでしょうか?苦笑いさんはどう思われますか?

No title

>元会員さん
これも記事にしてみました。

どうです?わかりやすいでしょ?(笑)
プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。