スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(再掲載)Q&A(9)これが「伝統と己証」と言えるのでしょうか?

腐海の蟲への制裁処置につき再掲載(笑)。

Q。
いつもお世話になっております。
先日の「異安心」を認定する際のガイドラインをお示し頂きましたが、同じ日に、以下のような記事を拝見しました。

伝統と己証
http://blogs.yahoo.co.jp/ikiruimiwositte/27193249.html

_______________________________________
親鸞聖人は、伝統的に「念仏往生の願」と言われていた阿弥陀仏の王本願である十八願を

「本願三心の願」「至心信楽の願」「往相信心の願」と言われて

死後の浄土往生を十一願に配当し、

「十八願は、『信心を与える』というお約束である」と仏意を明らかにされた。

これが親鸞聖人の御己証、教行信証の五願開示の真髄である。

伝統的解釈の真意を開き、表されたから一願該摂と五願開示は開合の関係であり

伝統と親鸞聖人の御己証には全く違いはない。

「親鸞、私無し」の常の仰せのとおり。



若不生者のちかひゆゑ (わがちかいをしんぜんもの、もしうまれずは、ほとけにならじと
            ちかいたまえるなり)

信楽まことにときいたり(ねがう。こんごうのしんじんなり。このたりきこんごうのしんじんさだまる
            とき、あみだ仏のおんこころにかなうとしるべし。)

一念慶喜するひとは(しんをえてのちよろこぶとなり。)

往生かならずさだまりぬ


「若不生者」等の左訓「もしうまれずば」というは、第十八の願一願にかぎる。

余の願は「若不爾者」「若不如是者」等とあり。

「生者」とは十八の一願のみなり。

「不生者」、これ極楽に生まれずばというにはあらず、

もし信心が生ぜずばと誓いたもうことなり、故に左訓も云々。

そのちかいゆえに信楽のときいたり一念慶喜のありさまとなるなり。(相伝義書浄土和讃分科)
_______________________________________

このように、例えば『相伝義書浄土和讃分科』に基づいた見解を、
「伝統と己証」と言うことは可能なのでしょうか?



A。
だめですね(苦笑)。
「いつからの伝統やねん!」「だれの己証やねん!」と言ってやりたくなります(苦笑)。

繰り返しますが、正しい「安心」の基準となるテキストは以下の通りです。
 ↓ ↓ ↓
b)正しい「安心」の基準となるテキスト

「異安心」であることを認定するためには、
正しい「安心」がいかなるものであるかを知らなければなりません。
これらの資料が浄土真宗における正しい「信心」の判定基準になりますので、
必ず用意しましょう。

ただしこのテキストは、a)の立ち位置に応じて、
以下のように使い分けられます。

(b-1)浄土真宗内で、異安心を論じる場合は、
   「浄土三部経・七高祖・親鸞聖人」までを基準にする。
(b-2)東西本願寺派における覚如上人・蓮如上人、高田派における真慧上人など、
   浄土真宗でも、特定の派にのみ権威を認められている文献は、
   判定基準としては、参照程度の扱いであり、(b-1)に抵触しない場合のみ、
   参照することができる。
(b-3)親鸞聖人を宗祖と仰ぐ「浄土真宗」以外の、
   法然上人を宗祖と仰ぐ浄土門の教義を判定する際は、
  「浄土三部経・善導大師・法然上人」を基準とする。
    cf. 法然上人の「偏依善導一師」の立場に関しては『選択集』16章参照
 ↑ ↑ ↑


『相伝義書浄土和讃分科』を基準に、
「伝統」とか「己証」とか言えちゃうって言うなら、
自分の都合の良い資料をどっかから持ってきたりして、
結局なんでもありになっちゃいますよ(苦笑)。

というかこの方は、
自分の脳内にある「ドグマ」に都合のいい資料なら、
今まで批判していた団体の資料でも「伝統」とか「己証」で、
「ドグマ」に都合の悪い資料は、例えば存覚上人のお書きになられたものでも、
「これは違う!」と言い出す人ですから、
あんまり言うことを真剣に考える必要はないと思いますよ~。

以下の記事を最低十回ぐらい熟読するようにお伝えください。
 ↓
やさしい浄土真宗の教え §12 「異安心」(1)「異安心」を認定する際のガイドライン
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。