スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A(4)阿弥陀仏に「南無」するということ

Q。
今回は根拠が豊富で、壮観ですね。反論の余地のない論文という感想です。
今回のところは、会員にとって、耳にたこができる程、聞かされた内容で、根拠も
知っているものが多いのですが、『教行信証』『尊号真像銘文』については、知らず、
目から鱗の感じになると思います。

ただ、「南無」を「助かった」「救われた」と直訳するのはおかしいことはわかりますが、
「意訳であっても間違いだろうか?」という疑問は残るのではと思います。

いかがでしょうか?


A。
間違いです(苦笑)。

「南無」の元になるサンスクリット語“namas”は、
「腰をかがめる」「おじぎをする」という意味の動詞“√nam”から派生した言葉で、
そこから相手に対して自分を「お任せする」「帰依する」という意味が出てきます。

浄土真宗では所謂「報恩感謝の念仏」が言われていますが、
これを阿弥陀仏に対する「お礼」などと言うのは全くおこがましい話です。

この身を阿弥陀仏におまかせして「南無」し続け、
自らの口から出る「本願招喚の勅命」の念仏を聞きながら、
「勅命にしたがひて召しにかなふ」生き方をし、
間違いなく極楽浄土に往生し成仏することこそが、
何もすることができない私達が、
阿弥陀仏の御恩に報いる最高の「報恩感謝」です。

阿弥陀仏の本願を無駄にしないこと以上の、
「報恩感謝」は存在しません。

§10の注3であげた蓮如上人『御文章』の言葉は、
全てそのような意味の言葉です。

既に、親●会における念仏不要論に対する批判がなされていますが(※)、
そういう点でも、親●会ドグマは二重三重に複雑に、
沢山の間違いを積み重ねているような気がします。

また後で、浄土真宗の大行論、念仏の位置づけの話で、
このことに関しては詳しく解説する予定ですが、
§10の注3で挙げた蓮如上人の言葉は、
とても大切ですので、しっかり何度も読んでください。


※以下の記事を参照

 清森問答 質疑応答164

 同 親鸞会教義の相対化・76(投稿)
スポンサーサイト

comment

Secre

No title

お見事ですね。

しっかり勉強させて頂きます。親鸞会という特殊な集団に属していると、
本当におかしくなりますね。

真宗の常識、仏教の常識から、勉強中です。

また宜しくお願いいたします。

No title

>現役幹部さん
参考になれば幸いです。

きちんと回路をつなげながら、着実に理解を深めながら、
疑う気持ちをしらみつぶしにツブしていくことが、
聴聞の重要な役目です。

したがって、いくら聴聞しても理解できないような、
へんてこその場の思いつき教学を聴聞することは、
私に言わせれば百害あって一利なしです(苦笑)。

どうぞ、そのような聴聞を心がけてください。
プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。