スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に「謗法罪」を拡大すんな!!

高森先生、頭がおかしくなったんじゃないですか?
「謗法罪、ちゃんと意味分かってます?」より

教学聖典(1)

問(35)善知識をおろそかに思うことが謗法罪になる、と仰有った親鸞聖人のお言葉と根拠を示せ。

答(35)

○善知識をおろかに思い、師をそしる者をば、謗法の者と申すなり。(末灯抄)



あのー高森先生、このお言葉、どのような意味でご使用されていますか。

もちろん、このお言葉は親鸞聖人のお言葉です。

しかし、このお言葉に出てくる「善知識」とは、誰を指して言われているのか、
親鸞会ではどのように教えていますか?

どこぞのそらごとやたわごとしか書けない完全になめられとるブログでは、
親鸞聖人をカルト呼ばわりしていましたが、あれも謗法罪ですかねぇ?

で、このお言葉の「善知識」とは、まさか「親鸞聖人がご自身のことをこう言われた」と
思っておられるわけではないですよね?ね?

いやぁ、偉大なる無二の大善知識高森先生ですから、このお言葉は、もしかして、

「高森先生をおろそかに思い、先生をそしる者をば、無間地獄なり」

と大胆な読み替えをされているのでしょうか。

そんなことだから、十分説法でも、高森先生の法話で居眠りしたら謗法罪!
とか言っているんですか?
居眠りして当たり前だと思いますが、毎回同じ話ばかりで。
だから謗法罪を造らないためにあんなにリポビタンDの自販機の前に行列ができるんでしょう?

そして、高森先生の話を難しいとか長いとか評価したらまた謗法罪!
とか言っているんですよね。
「日本一親鸞聖人の教えを分かりやすくお話して下さる先生」、っていう、
講師部員の説明も謗法ですかねぇ?
そう言うように布教講義で指示した先生も、人に謗法罪を造らせたドエライ方ですね。

話を本題に戻しましょう。

末灯抄で、親鸞聖人が善知識と言われているのは、「三毒を慎め」と教えられた方、です。

ゆえんはいかに?前後の文脈を読めばわかります。

まずこの末灯抄の題は、「三毒を慎むべき事」です。

そして、以下のような流れです。

善知識をおろかにおもひ、師をそしるものをば謗法のものと申すなり。
おやをそしるものをば五逆のものと申すなり、同座せざれと候ふなり。
されば北の郡に候ひし善証房は、おやをのり、善信(親鸞)をやうやうに
そしり候ひしかば、ちかづきむつまじくおもひ候はで、ちかづけず候ひき。
明法御房の往生のことをききながら、あとをおろかにせんひとびとは、
その同朋にあらず候ふべし。無明の酒に酔ひたる人にいよいよ酔ひをすすめ、
三毒をひさしく好みくらふひとにいよいよ毒をゆるして好めと申しあうて候ふらん、
不便のことに候ふ。無明の酒に酔ひたることをかなしみ、三毒を好みくうて、
いまだ毒も失せはてず、無明の酔ひもいまださめやらぬにおはしましあうて候ふぞかし。
よくよく御こころえ候ふべし。

つまりは善乗(善証)という門弟が、造悪無碍を主張して、聞かなかったわけです。
それで親鸞聖人は何度もお手紙でそれを戒められた。
だから三毒を好むことはあってはならないと教えておられます。
その教えは、「三毒を慎め」と教えられた、釈尊以下の善知識の教えです。
それを無視することが、謗法になるから、
親鸞聖人は冒頭のように仰っているわけです。

ここがわからないと、本当に仏教を誤解しますから、大事ですよ。
ていうか、ここがわかってない親鸞会のみなさんは、仏教を誤解していることになります。

そもそも謗法罪とはどういうことか、知ってるんですか、高森先生?

誤りを認めて正してもらえるなら一体謗法罪とはどういうことか、
教えますけれども・・・

教行信証に以下の記述があります。

問うて曰く、「なんらの相か是れ誹謗正法なるや」
答へて曰く、「『若し佛も無く佛の法も無し、菩薩も無く菩薩の法も無し』と言はん。
是の如き等の見をもって、若しは心に自らさとり、若しは他に従って受け、
其の心決定するを、皆『誹謗正法』と名づく。」
(教行信証信巻)

高森先生は教行信証をもう一度よく読んで勉強してね!

誰かが、御本典もろくに読んでないとか、不勉強で話にならないとか、言ってたけど
それって、自分の崇拝する善知識様に対してだったんだね☆

ほんとに高森先生は浄土三部経や教行信証など仏教の基礎からもう一度よく勉強してね。

なーんて、若造に言われてしまう程度の理解しかないのに、
自分のことを無二の善知識と呼ばせて御殿に住んでるなんて、

高森先生、頭がおかしくなったんじゃないですか?




同 コメント覧より

No title
> で、このお言葉の「善知識」とは、まさか「親鸞聖人がご自身の
> ことをこう言われた」と思っておられるわけではないですよね?

親鸞聖人が善知識と言われる時は、常に釈尊と七高僧、特に法然上人ですね。

ただ、ここで「師をそしる者」と言われている「師」は、

> 善信(親鸞)をやうやうにそしり候ひしかば、

とあるので、親鸞聖人ご自身のことでしょう。

謗法罪の意味は教え(仏法)を謗る者、という意味ですが、
親鸞聖人は教えを説く人を謗る者も、仏法を謗ることになるから
謗法罪だと言われているのではないでしょうか。

問題は「仏法を謗るかどうか」であって、仏法と関係ないところで
謗っても、それは謗法罪にはならないと思います。

師匠である高森氏が会員に会計報告をしないのはいけない!と謗る
ことは、教えそのものを謗ってないので謗法罪ではないですね。
話が分かりにくいと言うのも、教えそのものを謗ってなければ
謗法罪にはならないと思います。また、内容に関して疑問を抱いたり
質問をしたりすることは、謗るわけではないので謗法罪ではない
でしょう。それができなければ「信心の沙汰」もできませんね。

そんな解釈でいかがでしょう。
2009-04-22 : URL : edit
名前無しさんへ
名前無しのコメント下さった方へ

なるほど、そのように解釈するとすっきりしますね。
とても適切な解釈だと思います。勉強になりました。
ありがとうございます。
2009-04-22 : くりいむれもん URL : edit




スッキリ「謗法罪」の意味がわかったぞ!!
親●会は勝手に「謗法罪」を拡大すんな!!

そんなに全人類を「謗法罪」にしたいなら、
お前ら全員、親鸞聖人の言葉に従って、
無人島でひっそり暮らせ!

その方が社会の皆様のためや。



 善知識をおろかにおもひ、師をそしるものをば謗法のものと申すなり。
 おやをそしるものをば五逆のものと申すなり、
 同座せざれと候ふなり。←ここポイント���ӏ���

by.親鸞聖人
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。