スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミ!【第39回】行の一念と信の一念

第39回が更新されました。
 ↓
【第39回】行の一念と信の一念

「弥陀の本願の『若不生者』の『生』は、この世のことではなく、死んでからの極楽往生のこと」と言う田中氏の見解が、いかに親鸞聖人のみ教えと異なるものであるかを、種々明らかにしてきた。

そもそも往生といえば死んでから、というのが仏教の常識であったが、「この世の往生がある」と明らかにされたのが親鸞聖人である。「不体失往生」「平生業成」「現生不退」こそが弥陀の救いであることを、生涯叫び続けられたのが親鸞聖人であり、当時の常識を覆す驚くべき聖人の教えの根拠は、釈迦の「本願成就文」であった。「成就文」の教え以外に親鸞聖人の教えはないのだから、「本願成就文」に反する田中氏の主張は、まったく親鸞聖人の教えではないのである。

はいはい(苦笑)。

根拠に基づか(け)ないドグマを垂れ流して、
これまでに85項目もツッコミいれられてますけどね(苦笑)。



そして、ついに垂れ流すネタもなくなって、
全く論点と関係ない話をブレンドね(苦笑)。
 ↓

親鸞聖人が、釈迦の「成就文」をもって弥陀の「本願文」を領解されたということが、いかに重大な意味を持つか。一つの例を示そう。
「本願成就文」には、弥陀の救いは「一念」であると説かれているのを、法然上人は「行の一念(念仏)」とされているが、親鸞聖人は「信の一念(信心)」と教えられている。
「本願成就文」の「一念」は「念仏」か「信心」か、両聖人の教えの違いはどこにあったのか、簡単に触れておきたい。

法然上人が『本願成就文』の「一念」を「念仏」とされたのは、『本願文』の「十念」の解説として領解されたからである。
『大無量寿経』の「成就文」には、ただ「一念」とあるので、「本願文」の「乃至十念」と同じように領解して「念仏」とも見ることができる。

それを親鸞聖人は「信心」と教えられたのは、異訳の『無量壽如来会』の十八願成就文をもって、『大無量寿経』の十八願成就文を見られたからである。
『大無量寿経』の「乃至一念」とあるところを異訳の『無量壽如来会』には、「一念の浄信」とあるから、凡夫に無い「如来から賜る清浄心(信心)」であることが明らかになる。

また『大無量寿経』の「成就文」の「一念」の文字は「信心」の下にあるが、『無量壽如来会』の「成就文」には「一念の浄信」と説き、「一念」の文字が「信心(浄信)」の上にあることにも親鸞聖人は着目なされた。そして『本願成就文』の「一念」を信心であることを明らかになされている。

だから何?(苦笑)

どんだけ論点に関係ない話を挿入しても、
チ●ーリップ企画(=親●会)のドグマのヘンテコさは、
全く揺るぎませ~ん(苦笑)。


かくて「若不生者 不取正覚」(必ず生まれさせる)と誓われた「弥陀の本願」の真意を、「成就文」から親鸞聖人は「一念で不体失往生できる」と説かれたのである。
親鸞聖人の大著『教行信証』六巻は、まさにこのこと一つを明らかにされたものであり、『教行信証』が「本願成就文」の解説書とも言われる所以だ。

「三経の安心あり。その中に大経をもって真実とせらる。大経の中には第十八の願をもって本とす。十八の願にとりてはまた、願成就をもって至極とす。『信心歓喜 乃至一念』をもって、他力の安心と思召めさるる故なり」
(改邪鈔)
覚如上人の仰せである。
仏教の至極(最も大事な御文)である「本願成就文」が分からずしては、親鸞聖人のみ教えは全く分からなくなることが、この一事からも知られよう。

はいはい(苦笑)。

もうハッキリ言うけど、
壞れたテープレコーダーのように同じ話ばっかで、
ツッコミいれても全然おもんないで。

まあ、こんな話を富山まで行って聞かされる人は、
もっと苦痛だろうけどね(苦笑)。

毎回、新しい角度からのツッコミネタを提供してくれる、
ちび●さんをちょっとは見習ってや(苦笑)。






おまけ1

★願成就文に対応するサンスクリット
ye 
kecit sattvās tasya 'mitābhasya tathāgatasya nāmadheyaṁ 
śṛṇvanti, śrutvā cāntaśa ekacittotpādam apy adhyāśayena 
prasādasahagatam utpādayanti, sarve te 'vaivarttikatāyāṁ 
saṁtiṣṭhante 'nuttarāyāḥ samyaksaṁbodheḥ.
およそいかなる衆生であっても、アミターバ如来の名前を聞き、そして聞いてから、深い志によって、たとえ一度でも、浄らかな信を伴った心を起こすならば、彼ら全ては、この上ない完全な正覚より後退しない境地にとどまるのである。(親鸞会教義の相対化21より)

●信受本願(真実信心を得る)
 →アミターバ如来の名前を聞き、そして聞いてから、深い志によって、たとえ一度でも、浄らかな信を伴った心を起こすならば

●即得往生 住不退転(正定聚のくらいにさだまる)
 →この上ない完全な正覚より後退しない境地にとどまる

★『無量寿如来会』(下)にのたまはく、[菩提流志訳]「他方の仏国の所有の有情、無量寿如来の名号を聞きて、よく一念の浄信を発して歓喜せしめ、所有の善根回向したまへるを愛楽して、無量寿国に生ぜんと願ぜば、願に随ひてみな生れ、不退転乃至無上正等菩提を得んと。五無間、正法を誹謗し、および聖者を謗らんをば除く」と。(『教行信証』信巻に引用された『無量寿如来会』の願成就文)

●信受本願(真実信心を得る)
 →無量寿如来の名号を聞きて、よく一念の浄信を発して歓喜せしめ、所有の善根回向したまへるを愛楽して、無量寿国に生ぜんと願ぜば

●即得往生 住不退転(正定聚のくらいにさだまる)
 →願に随ひてみな生れ、不退転乃至無上正等菩提を得んと


ご覧のように『無量寿如来会』の「願成就文」は、
サンスクリット文にめちゃ一致するんやけど、
「信楽に生まれる」なんて解釈がヘンテコなのは、
これを見ても明々白々ですわね(苦笑)。

『無量寿如来会』の「願成就文」を読まれると、
都合が悪いからあえて挙げなかったんだと思うけど、
そういうやり方が余計怪しまれるんでっせ(苦笑)。


というわけで、

86,『無量寿如来会』の「願成就文」は、サンスクリット文に極めて似た内容になっているが、これを見ても「信楽に生まれる」という解釈がヘンテコなのは明々白々である。

87,しかしチ●ーリップ企画(=親●会)は『無量寿如来会』の「願成就文」に触れたら当然おきるその疑問に対する説明を行っておらず、重要な文にも関わらず本文引用すらしておらず、意図的に引用しなかった可能性すら疑われる。




おまけ2

●信の一念・行の一念ふたつなれども、信をはなれたる行もなし、行の一念をはなれたる信の一念もなし。
 そのゆゑは、行と申すは、本願の名号をひとこゑとなへて往生すと申すことをききて、ひとこゑをもとなへ、もしは十念をもせんは行なり。この御ちかひをききて、疑ふこころのすこしもなきを信の一念と申せば、信と行とふたつときけども、行をひとこゑするとききて疑はねば、行をはなれたる信はなしとききて候ふ。また、信はなれたる行なしとおぼしめすべし。『親鸞聖人御消息』(7)

「信の一念」と「行の一念」は切り離しちゃダメよん。
切り離して考える思考回路自体が、
全くもって親●会クオリティーで、
親鸞聖人の教えから離れてるもんやからね~(苦笑)。

これでも読んで勉強しなおしてや。
 ↓

清森問答 質疑応答164
親鸞会教義の相対化・76(投稿)

というわけで、

88,「信の一念」と「行の一念」を切り離して考える思考回路自体が、全くもって親●会クオリティーで、親鸞聖人の教えから離れたものである。
スポンサーサイト

comment

Secre

No title

会員への擦り込みが目的ですので、今後も、何十回、何百回、同じことを言い続ける筈です。
これだけ同じことを繰り返し聞かされれば、嘘でも本当に思えます。マインドコントロールですね。
苦笑さんも辛いかも知れませんが、被害者を救済するために、間違いの指摘を今後も判りやすく説明して下さい。

No title

>現役幹部さん
こんなものをスリコミされるなんてたまったもんじゃないですよね(苦笑)。
というか、毎回同じ話を聞かされる会員の人が、
またまた同じ話をわざわざチ●ーリップ企画のサイトで見るでしょうかね~。

時間の無駄だし、絶対見ませんよ。私なら(苦笑)。

まあ、持久戦になってもいくらでもお付き合いしますよ。
こんなショボイ内容の記事にツッコミ入れるだけなら、
5~10分もあれば文章作成できるし、必要経費も何もいらないし、
私は趣味でツッコミを入れてるような暇人ですしね(笑)。

それより、こんなショボイ内容の記事を繰り替えしている団体が、
どんどん呆れられてジリビンになっているのがわかんないんですかね~。
持久戦で苦しむことになるのは親●会なのにね(苦笑)。

チューリップ(企)への疑問

苦笑いさんのご苦労も、相手が無反応では、ファイトもいまいちですね~。

ところで、小生退会してからいつもと言うか、益々疑問多しです。

>「この世の往生がある」と明らかにされたのが親鸞聖人である。
 
とチューリップ(企)は言っていますが、正にその通りで、、
更に加えて聖人の仰せは、「即得往生、住不退転」=「この真実信心をえんとき摂取不捨の心光にいりぬれば、正定聚のくらいにさだまるとみえたり」・・(尊号真像銘文)  と言ってもらえばスンナリきます。
又、「至心信楽をえたるひと、わが浄土にもし生まれずは仏にならじとちかいたまえる御のりなり」・・(尊号真像銘文)  も「若不生者、不取正覚」は、現益を得たる人への当益への正覚をかけたお約束と言って頂ければ、腹にスンナリ収まるんですけれど。
素直な解釈ですね。
そもそも尊号真像銘文は、見ての通り親鸞聖人が[誰にも分かるよう][噛んでふくめるよう]解説せられたお言葉と思えます。

一方、チューリップ(企)はいつも抽象的で、誰に何を正したいのか分かりませんね。
例えば、
>親鸞聖人の大著『教行信証』六巻は、まさにこのこと一つを明らかにされたものであり、
 『教行信証』が「本願成就文」の解説文とも言われる所以だ。

・・・も極めて抽象的で、スンナリ腹におさまる人いるんでしょうか?
何時どれだけの人たちがそのように言っているんだろうか?根拠はどうか?
『尊号真像銘文』のような誰もが納得せざるを得ないズバリな論拠にはなりえないですね

教義に明るくない者の、素直にして素朴な疑問です。





No title

昔読んだ人は、間違いに気付き、すでに退会している人が多いです。

しかし現会員で今までに読んだことがなく、たまたま、チューリップ企画と田中氏の法論で勉強しようとしたとしても、最初の方の田中氏の本物のメールは見ずに(見られずに)、最後の方の改竄捏造「スリコミ」部分を繰り返し読むことになりますので、田中氏はこんな間違いをして逃亡したのか、と勘違いするように仕向けているのです。

長引けば長引くほど、最初の方は見にくくなりますので、それを狙っています。

検索サイトで、親鸞会批判のサイトが上位に入らないように、訳の判らない親鸞会関連のサイトが一杯出てきて、批判サイトに辿りつけなくする手口と同じです。

ですから、お手数ですが、田中氏の正確な主張も再度紹介されながら解説頂けると、初めて読んだ会員でも親鸞会の間違いに気が付き易くなると思います。

No title

>もと かいいんさん
釈尊も法然上人も親鸞聖人も、善知識の言葉は明晰で、
素直に読めばすんなり理解できるようになっているものですが、
チ●ーリップ企画の解説はどんだけ読んでも、
「あ~ん?」か「だから何?」か「なんでやねん!」にしかなりません(苦笑)。

具体的なものが何もないんだから、当然っちゃ当然ですが、
本当にこんなものを書いてて虚しくならないのかと思ってしまいます。。

『尊号真像銘文』読んだら一撃で勝負がつくものを、
こんだけたらたらショウモナイ記事をアップし続けて、
見苦しく誤魔化してるっちゅうのが、
しょぼくて情けなくて見苦しくて、本当に苦笑です。

No title

>現役幹部さん
まあ、そういうことなんでしょうね~。

率直に申し上げて、本当に信仰に対して真剣なのであれば、
自分が今現在学んでいるものが本当に本物かどうか、
自分の持てる限りの労力と知的誠実さを尽くして、
各自が自分で判断していかなきゃならんと思います。

でも、「真剣な聞法」を勧めている団体は、
会員一人一人が、そういうことができないように、
いろんな手をつかってし向けているんでしょうね~。

本当に胸くそ悪い団体ですわ(苦笑)。

相手の考えていることは、私にも手に取るようにわかりますので、
おりおりに復習や雑談やちび●ちゃんイジメなどを交えつつ、
チ●ーリップ企画より遥かにオモロくためになるブログにして、
親●会の見苦しさをガンガン晒し者にして、
一人でも多くの会員の人を救出したろうと思ってます。

教義上、必要な情報は既に全部揃ってますので、
後は親●会に注入されたものを、それと入れ替える作業を、
受け身じゃなくて、みんなが主体的にしてもらうお手伝いができたらと思いますね。
プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。