スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更にコメント!

コメントに反応して頂けましたので、更にコメント入れます!!

>これも「間違い」でしょうか?

六要の扱いは、2chにも書きましたが
「前々住上人、南殿にて、存覚御作分の聖教ちと不審なる所の
候ふを、いかがとて、兼縁、前々住上人へ御目にかけられ候へば、仰せられ
候ふ。名人のせられ候ふ物をばそのままにて置くことなり。これが名誉なりと
仰せられ候ふなり。」(御一代記聞書158)
のお言葉に従うのがよろしいかと思います。
六要全体を認めておられるわけでもなさそうです。
御一代記聞書の意味がわからないようであれば勉強してみてください。



勉強してみました!

(訳)
蓮如上人の隠居所である南殿で、兼縁が、存覚上人のお作りになられた聖教に不審な所があるのを「これはどうでしょうか?」と蓮如上人にお見せになられたところ、蓮如上人が仰いました。
「名人がお作りになられたものであるから、そのまま理解しておくべきである。(不審がある所も)それがかえって名誉なことになるのである」と仰になられました。

という意味ですね。また、同じく『御一代記聞書』の89には、

(89)
一、聖教を拝見申すも、うかうかと拝みまうすはその詮なし。蓮如上人は、ただ聖教をばくれくれと仰せられ候ふ。また百遍これをみれば義理おのづから得ると申すこともあれば、心をとどむべきことなり。聖教は句面のごとくこころうべし。そのうへにて師伝口業はあるべきなり。私にして会釈することしかるべからざることなり。

(訳)
 聖教を拝読していても、注意せずにぼんやりと読んでいてはそのかいがない。蓮如上人は「もっぱら聖教を繰り返し繰り返し読みなさい」と仰せになられた。
 また百遍繰り返して読めば、その意味がおのずから理解できるということがあるから、それを心に留めておかなければならない。聖教は、文字に書かれている文面の通りに理解するべきである。その上で師匠からの伝承や口伝えの解釈というものがあるのである。自分勝手な解釈をすることは決してしてはならないのである。

とありますので、存覚上人の解釈をそのまま受け取る態度が、浄土真宗のあるべき姿勢なのではありませんか?


>この二つの益が得られるシステムが「横超」ということですよね?

一念の信心の所得として二益が獲られる、ということです。
「横超とは2」に御和讃もあげましたが、往還二回向をいただくのは一念です。
>これを回向となづけたり
と仰っている通り。



●問ていはく、正定と滅度とは一益とこゝろうぺきか、また二益とこゝろうぺきや。答ていはく、一念発起のかたは正定聚なり。これは穢土の益なり。つぎに滅度は浄土にてうべき益にてあるなりとこゝろうぺきなり。されば二益なりとおもふぺきものなり。『御文章』1-4

この蓮如上人の言葉が間違いということでしょうか?


>・五願開示の場合、「若不生者」が十一願に対応する。

これは五願開示の場合、一願該摂の御文の「若不生者」が十一願に対応する、
という意味です。

それと、この答え違ってません?
 十二、十三願が「至心信楽欲生我国」?

五願開示をもう一度勉強されたほうがよろしいかと思います。



つまり、

 ・五願開示の場合でも一願該摂の場合でも、
 「若不生者」が「信楽に生まれる」と意味はない。

ということですね。

あと、私の手元の解答例が間違いということでしょうかね~。


※文字数の関係であのページのコメント覧に書くのが苦しいので、
この記事のリンクを張るので許してもらいました。
 ↓

苦笑(本人) 削除
2009/2/2(月) 午後 7:44
コメントありがとうございます!
更にコメントをいれましたので、よろしければご一読ください!
(文字数の関係で苦しいので私のブログのリンクを張ります。
簡潔な文章が書けなくてごめんなさい。汗)

更にコメント!
http://nigawaraihonmono.blog59.fc2.com/blog-entry-179.html
コメント(0)


スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。