スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミ!【第36回】「若不生者の誓、まことだった」の表明

第36回が更新されました。
 ↓
【第36回】「若不生者の誓、まことだった」の表明

田中氏は、また次のようにも言われている。

◆平成20年2月15日のメール
親鸞聖人が「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」と仰っているのは、死んで極楽に生まれてから仰ったことではありません。
つまり、これは、「若不生者不取正覚」という力によって「生まれさせられた」、すなわち「本願の実報土に生まれさせられた」慶喜では無いということです。

「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」と親鸞聖人が『教行信証』の冒頭に仰っているのは、当然ながら生きているときである。
「摂取不捨の真言」も、「超世希有の正法」も、「弥陀の本願」すなわち「若不生者の誓」であるから、「若不生者の誓、まことだった」と親鸞聖人はここで仰っているのである。

ところが、「若不生者不取正覚」の「生」は、死んで極楽(本願の実報土)に生まれることだけだ、と思い込んでおられる田中氏は、親鸞聖人の「必ず生まれさせる、弥陀の本願まことだった」という感動的なお叫びも、その真意が正しく読めないのであろう。
「『若不生者不取正覚』という力によって『生まれさせられた』慶喜ではない」と平然と言い放たれる。

では、親鸞聖人の「弥陀の本願まことだった」の表明は、一体なんなのか。弥陀の本願三十六文字から、「若不生者不取正覚」の八文字だけを抜いた「残りの二十八文字だけがまことだった」という意味だとでも言われるのであろうか。
そんな田中氏は、こうも言われているではないか。

◆平成19年12月17日のメール
本願を信ずる心は、阿弥陀仏より賜る心ですから、本願文の一部を疑い、残りを信じるということは無いと思います。

そのとおりである。
本願文の一部「若不生者不取正覚」を疑い、残りを信じるということはありえないのだ。

「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」は、明らかに、弥陀の本願三十六文字すべてが「まことだった」という表明であり、それは「若不生者不取正覚」という力によって「生まれさせられた」からに他ならない。それは、「死んで本願の実報土に生まれさせられた」慶喜ではもちろん無く、「生きているときに、信楽に生まれさせられた」慶喜であることも明白である。

まさに、「若不生者不取正覚」の八文字は、弥陀が「不体失往生」に正覚(仏のさとり)をかけておられるのだということを、親鸞聖人が自ら信知されて叫ばれたのが、「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」ではないか。

まちがった思い込みから、田中氏がお聖教のお言葉も正しく読めなくなっておられる、これは一つの例証であろう。

あ~ん?(苦笑)

~~2008 2/15(金) 21:51 田中さんのメールより~~
 唯信鈔文意に『「来迎」というは、「来」は浄土へきたらしむという。これすなわち若不生者のちかいをあらわす御のりなり。穢土をすてて、真実報土へきたらしむとなり。』とあるように、「若不生者の誓」の「生」は「真実報土へ生まれる」の意味だということが記述されています。
 
 
 
>その、「若不生者不取正覚」という力によって「生まれさせられた」慶喜を親鸞聖人は、「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」と仰っているのではないですか。死んで極楽に生まれてから仰ったことではないでしょう。(※苦笑注 これは山田さんの主張を引用している部分ねw)
 
 
 親鸞聖人が「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」と仰っているのは、死んで極楽に生まれてから仰ったことではありません。
 
 つまり、これは、「若不生者不取正覚」という力によって「生まれさせられた」、すなわち「本願の実報土に生まれさせられた」慶喜では無いということです。
 
 親鸞聖人が、尊号真像銘文に『「若不生者不取正覚」といふは、ちかひを信じたる人、もし本願の実報土に生れずは、仏に成らじと誓ひたまへるみのりなり。』と記述されている通りです。 
~~2008 2/15(金) 21:51 田中さんのメールより~~

田中さんは、親鸞聖人がお書きになられた、
『唯信鈔文意』や『尊号真像銘文』
に基づいて語っているわけだけど、
親●会ドグマにとって都合が悪いから、
カットしちゃうんですかいな(苦笑)。

あるいは、『唯信鈔文意』や『尊号真像銘文』の文章が、
書かれていても見えなくなっちゃうフィルターかなんかが、
親●会の人にはかかっているのかもね(苦笑)。

でもそのような姿勢を、

●ゐなかのひとびとの、文字のこころもしらず、あさましき愚痴きはまりなきゆゑに、やすくこころえさせんとて、おなじことをたびたびとりかへしとりかへし書きつけたり。『唯信鈔文意』

と、八十五歳の時にお書きになられた親鸞聖人は、
どのように思われるでしょうね~。

「やすくこころえさせんとて、
 おなじことをたびたびとりかへしとりかへし書きつけたり」

してくださってるんでっせ~。

この言葉よりチ●ーリップ企画(=親●会)が
壞れたテープレコーダの如く繰り返す、
ドグマの方が大事なんですか?(苦笑)


というわけで、

79,親鸞聖人がお書きになられた『唯信鈔文意』や『尊号真像銘文』に基づいて語ってい自説を主張している田中氏のメールから、親●会ドグマにとって都合が悪い『唯信鈔文意』や『尊号真像銘文』の記述を意図的にカットしている。

80,あるいは、親●会ドグマにとって都合が悪い『唯信鈔文意』や『尊号真像銘文』の文章は、書かれても見えなくなるフィルターか何かが親●会の人にはかかっているのかもしれない。



チ●ーリップ企画に、
いちおう言っておいてあげるけど、
オイラが呆れてツッコミいれなくなるまで
だらだら更新する作戦なら、
逆効果だしやめといた方がええで。
あんたらがヘンテコ更新をする限り、
ず~とツッコミ続けるますからね(苦笑)。




追記

たしか清森さんが親●会を除名された理由に、
「七高祖の文献を読んだ」ちゅうのがあったけど、
今後は『唯信鈔文意』や『尊号真像銘文』を読んだら、
親●会を除名されるかもしれませんな。
だって、親●会ドグマに都合が悪いんだもん(苦笑)。
 ↓
除名の理由

 ある責任ある立場の講師部員から、清森さん除名の理由が明らかにされました。

(1)華光会の本を読んでいた。
(2)七祖聖教を読んでいた。
(3)西堀咲枝さんの話を聞いていた。
(4)上田祥広さんの味方をした。

スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。