スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミ【26回目】田中氏の一貫した主張

「あんちくしょう」(アンチ苦笑)をタコ殴りにしている間に、
第26回が更新されました。
 ↓↓↓
【26回目】田中氏の一貫した主張
http://shinjin.info/2008/12/101045164.html

今日は急に忙しくなったな~(笑)。


田中氏の発言の検証を続けよう。彼は、

◆平成19年12月2日のメール
私が、いつ(「若不生者」の「生」を)、「死後、極楽に生まれることだけ」と断定しましたでしょうか?

とも言われている。
論より証拠。田中氏本人のメールを示しておこう。

◆平成19年12月22日のメール
「若不生者不取正覚」に当たるのは、「浄土に生まれる」です。

◆平成19年12月26日のメール
十八願の「若不生者」の誓いによって、極楽浄土に生まれられるのです。

◆平成19年12月27日のメール
「信楽」に生まれた人を、さらに「極楽に生まれさせる」と誓われているのが、「若不生者」なのです。

◆平成20年1月8日のメール
親鸞聖人は、「若不生者」の「生」を「極楽浄土に生まれる」という解釈以外されていないのは明らかです。

もう、十分だろう。
田中氏が、「若不生者」の「生」を、「死後、極楽に生まれることだけ」と断定していることは明白である。

「若不生者」の「生」は「信楽に生まれさせる」ことであると明示された『成就文』に、真っ向から反する主張であることは、明らかであろう。



\( ̄ー ̄#)なんでやねん!


>「若不生者」の「生」は「信楽に生まれさせる」ことであると明示された『成就文』


・・苦笑・・

二回の特別補習は、全く無駄でしたか(苦笑)。
もう、何回でも醜態をさらしてもらうしかないね~(苦笑)。


====読ま(め)ないのかな?(苦笑)!====
繰り返しになるけど、
阿弥陀仏の本願の対象は「十方衆生」でっせ。
「十方衆生」が「信楽」になることを阿弥陀仏が誓い、
その誓いが成就しているなら、
「十方衆生」全てが「信楽」になって、
誰も迷いの世界に留まってないことになるんやで(苦笑)。


 参照→宿題4,衆生が「聞きて疑心あることなし」になれなかったら、「本願力回向の信心」を獲得することができないから、極楽浄土に往生することは確定しないことが『教行信証』で明らかにされている。それにも関わらず、「聞きて疑心あることなし」になって「本願力回向の信心」を獲得することまで阿弥陀仏が本願文で誓ったことにして、全ての人が無条件で極楽浄土に往生することが確定してしまっているために、見事な「十劫安心」に陥っている。

そんでもって、親鸞聖人が、
「即得往生 住不退転」と「若不生者 不取正覚」を、
時間軸上別の時点に配置されていて、
この両者をイコールにするのが、
親鸞聖人の教えに抵触するっていうのも、
既に指摘済みでっせ(苦笑)。


 参照→宿題13,相変わらず「即得往生、住不退転」=「若不生者 不取正覚」というドグマをまき散らしているが、この二つは、時間軸上別の時点に配置されるものであり、それをイコールにするヘンテコドグマは、親鸞聖人の教えと著しく異なっている。
====読ま(め)ないのかな?(苦笑)!====


あと、毎度おなじみのこの図も、
よい子のみんなには浸透してきたみたいでっせ~。

全然見えてない人もいるようだけど(苦笑)。
 ↓ ↓ ↓

                                  第十一の願の
=前念(因) 介在時間0  =後念(果)              必至滅度の願
「信受本願」【←即の時→】「即得往生、住不退転」「若不生者 不取正覚」成就
    ↓           ↓            ↓       ↓
  真実信心を得る→正定聚のくらいにさだまる→・・→極楽浄土へ往生→成 仏
    |           |           |      |
  十八願の真実の       |           |     等正覚にいたり
   信心をうれば→すなはち正定聚に住す        |     大涅槃を証する
           (この土の益)          |     (かの土の益)
      ↓       ↓              ↓      ↓ 
    【時間的に同時の「時分」】          【一念須臾のあひだ】


 ↑ ↑ ↑
これが理解できてないのは、
もうチ●ーリップ企画(=親●会)だけじゃない?(苦笑)



田中さんの主張が、チ●ーリップ企画(=親●会)の主張に、
「真っ向から反する主張」なのは確かだけど、
それは、論拠に基づか(け)ないヘンテコドグマに、
「真っ向から反する主張」ということでっせ(苦笑)。

そんでもって、問題なのは、
論拠に基づか(け)ないヘンテコドグマを、
「親鸞聖人の教え」と詐称する、
チ●ーリップ企画(=親●会)でしょうがね(苦笑)。

というわけで、

38,田中氏の【チ●ーリップ企画(=親●会)の論拠に基づか(け)ないヘンテコドグマに真っ向から反する主張】を、【『成就文』に、真っ向から反する主張】というように虚偽の主張をしている。


以前、やめたらいいのにさんが、

「ひょっとして 確信犯で 
 チュー◎ップ企画は崩壊させながら
 真実を明らかにしようとしているのか 」

と仰っていましたが、
そういうことなら、
オイラが全面的に協力しまっせ~!!�s�[�X
スポンサーサイト

comment

Secre

No title

> ◆平成19年12月2日のメール
> 私が、いつ(「若不生者」の「生」を)、「死後、極楽に生まれることだけ」と断定しましたでしょうか?
>
> とも言われている。
> 論より証拠。田中氏本人のメールを示しておこう。


この文章は、12月1日の山田氏の以下の発言を受けて書かれたものと思われます。


> 田中様が、「若不生者」の「生」は、死んで極楽に「生まれる」ことだと、死後、極楽へ生まれることだけに断定されていますので、「死んで、極楽へ生まれることのみのことでしょうか」、とお尋ねしたのです。


これより以前のメールを調べましたが、上記のような内容は、田中氏は一度も書いていません。つまり、虚偽の内容です。

12月2日の田中氏の質問は、主張を捏造されたことに対する抗議であることは明らかです。

ですから、12月1日以前のメールから、根拠を挙げなければならないのは当然ですが、1つも挙げられていない。

つまり、12月2日の山田氏の発言は、捏造であったと認めたものだと思います。このような、恥も外聞もない議論を繰り返している親●会の非常識さに呆れます。

No title

>Fuuさん
こんだけ日常茶飯事だと、チ●ーリップ企画が虚偽・捏造を行っても、
もう全然ビックリしなくなりましたよね(苦笑)。

というか、これだけヘンテコドグマを晒されては、
今更田中さんの主張を捏造しても全く後のカーニバルですよね。

本当に、全然わかってないし、何も見えてないと思います(苦笑)。
プロフィール

苦笑(本物)

Author:苦笑(本物)
「後生の一大事がわかってない」
「秋葉原の連続殺人犯を思わせる」
「どす黒い、蛇のような心」(これは後に撤回)

みんなの人気者(?)苦笑が言いたい放題暴れます。
賛成でも反対でもコメントは大歓迎!
放置プレイにするか、愛(?)を込めて返事を書くかは、
その時の気分しだいだけどね(笑)。

メル友慕賞中!!
nigawaraihonmono@gmail.com

※私にメールで質問してもエエけど、
 解答はQ&Aでみんなにシェアするかもしれません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。